MENU

専業主婦が審査通過できるのはどこ?

専業主婦が生活費の足しにお金を借りたい時、消費者金融に申込みはできるのでしょうか?
パート・アルバイトでも本人に収入があれば可能です。
しかし、改正貸金業法の総量規制により借入限度額が年収の3分の1と定められたため、収入がない場合は消費者金融からの借入ができません。
無職の主婦の方でも借入できる可能性が大きく、おすすめなのが銀行のカードローンです。
今や大手のメガバンクから中堅の地方銀行・ネット銀行などさまざまな金融機関がローンカードを扱っています。

総量規制対象の消費者金融で借りる方法

総量規制にも例外があり、配偶者貸付という制度があります。
配偶者貸付では夫との年収の合計の3分の1まで借入れできるため、専業主婦なら夫の年収の3分の1までを借りられます。

配偶者貸付制度が利用されない理由

配偶者貸付制度は全く利用されていないわけではありません。
しかし、その制度を利用して貸付している業者が少ないことがあげられます。
提出書類が多く、確認作業に人手や時間が必要なことから消費者金融すべてが配偶者貸付をおこなっているわけではありません。
また、その提出書類のひとつに夫の同意書の提出があります。
夫に同意を得て、専業主婦の名義で借入れをするため旦那にバレずに借りたいと思っている専業主婦にはハードルが高くなります。

消費者金融ではなく銀行カードローンを考える

ここでは銀行カードローンのメリットを紹介していますので、参考にしてみて下さい。
中には金利(実質年率)3%を下回る商品もあり、クレジットカード会社のキャッシング等に比べ低金利なことも、主婦に人気の理由です。

 

また配偶者の同意も必要なく、家族の勤務先に在籍確認の電話連絡がいくこともないので、夫に内緒で借りたい方にも安心です。
専業主婦の場合利用限度額は少なめですが、本人の収入証明書は不要で、わざわざ店舗まで行かなくともネットやスマホで申し込みから契約まで一連の手続きが可能です。
借りたお金は銀行口座に入金、月々の返済は口座から自動引き落としできますので、元々口座を持っている銀行であれば新たにカードを作る必要はありません。
審査は最短30分、即日融資可能とうたっている金融機関もあります。
まずは自分の借入希望金額を設定し、融資条件を比較してから利用する銀行を決めるといいでしょう。

 

参考サイト

■かんたんWEBで申し込み完結!主婦でも借りられるカードローン特集!!
http://www.syufeel.com/lp/cardloan01.html

 

主婦でも借りられるカードローン特集!!で人気のカードローン会社をチェックできます。
各金融機関を比較して条件が自分に合う会社に申込みましょう。

 

■公益財団法人 北海道中小企業総合支援センター
http://www.hsc.or.jp

 

北海道中小企業総合支援センターでは北海道の施設情報がまとめられています。
必要な情報をすぐに得ることが出来てオススメです。