MENU

銀行カードローンと消費者金融の審査の違い

銀行カードローンは一般的に消費者金融のカードローンより審査が厳しいと言われいます。
厳しい代わりにメリットも多く、安心して借りれ、総量規制の対象外、金利も低いなどがあり専業主婦の方にはぴったりです。
審査でのいくつかポイントがあります。

 

まず配偶者に安定した収入があることです。
本人に収入がない場合は配偶者の安定した収入が条件になってることが多いので申し込み時に勤務先や収入を記入する必要がありますさらに申し込みの限度額によっては収入証明書も必要です。

 

ただし一般的に旦那さんの会社へ在籍確認されることはないようですが内緒にしたい場合は事前に確認しておきましょう。
そして現在複数に借り入れがないか、過去に借り入れた時に延滞や滞納がないかです。
これらがあると信用度が低くなるので審査が通りにくいです。

 

だからと言って申し込み時によく見せようと虚偽の記載などは絶対にしてはいけません金融情報は調べればすぐにわかってしまうのでマイナスにしかなりません。
もちろん記入漏れやミスもよくないので申請する前に必ず確認してください。
見落としがちなのがクレジットカードにキャッシング枠がついていたりするのでこれも使わないのであれば解約等の手続きをとっておいてください。
さらに急いでいるあまり短期間に複数の金融機関に申し込みをすることです。
やはり信用度が低くなるのでお勧めしません。

 

審査が通る気になる場合はHP等にある簡易の診断サービスをりようしてみるのもいいでしょう。
ここでOKが出ても必ず審査が通るわけではないですが一つの判断材料にはなります。
年齢制限など基本的な条件などを見落とさないようにして自分に合ったカードローンに申し込んでください。

 

専業主婦が利用できるのは総量規制の制約を受けていない銀行カードローンだけで、年収を必要とする消費者金融業者での融資は受けられません。
ただしすべての銀行で専業主婦への貸付を行っているわけではないので、申込する前にしっかりとした情報収集が必要になります。

 

でも実際に専業主婦向けのカードローンを提供している銀行も多くありますので安心してください。
自分に収入がない専業主婦の借入条件は配偶者が定期収入を得ていることで、本人の信用情報に特に問題がなければ審査に通過できる希望は十分にあります。
夫の個人情報が開示されたり勤務先に在籍確認の電話をされる心配はありません。

 

限度額が低いため原則収入証明書も不要で手続きできる利便性も大きなメリットとなっています。
提出が必要なのは本人確認書類のみなので、運転免許証や健康保険証などで対応できます。
インターネットならスピード審査が可能な点もポイントで、所定時間までの受付で最短当日キャッシングできる可能性もあります。