MENU

在籍確認では何を聞かれるの?

専業主婦が銀行カードローンを申込みする時に、心配なのが在籍確認の電話です。
在籍確認とは、融資する前に行われる審査で、金融機関が信用調査の業務の一環として実施しています。

 

家族に借入した事を知られたくない、内緒でキャッシングしたい、と考えている方には、自宅や夫の勤務先に在籍確認の電話連絡がきたらとても困りますよね。
借り入れはいわば借金で、プライバシーに関わることです。
在籍確認ではどんなことを聞かれるのでしょうか?

 

配偶者の勤務先に電話がかかってくる時、掛ける側は担当者の個人名や銀行名を名乗ってきます。
電話内容はとても簡潔、「○○様はいらっしゃいますか?」と本人が在籍しているかを確認するだけです。
本人が出ると、名前を質問して終わりです。

 

では、夫の勤務先に電話してほしくない!と、思う人には2つの解決方法があります。
一つ目は、申込みの手続きをする際に、事前にこちらの要望を伝えておくことです。
特別な理由や状況があるならば前もって連絡しておくことができるでしょう。

 

二つ目は、在籍確認なしの銀行カードローン会社を利用することです。
ただし、在籍確認なしの条件として在籍を証明する書類が必要なこともあります。
提出する書類に不備があったり、申告する内容に不審な点があれば在籍確認を行う可能性があります。

 

通常、利用額が少なければ収入証明書類などの提出も不要ですし、在籍確認も行っていないケースがほとんどです。
在籍確認を行っていない、と公言している銀行カードローンは幾つもありますから、
契約前に情報を集めて調べてみることをお勧めします。

 

専業主婦の審査も基本的には通常審査と同様、属性審査が済んだタイミングで電話での確認作業が行われます。
つまりここまでくれば、ほぼ審査に通ったとも考えられます。
自身に収入があれば職場へ在籍確認の電話が入るのですが、専業主婦の場合は本人あてに電話をかけて完了です。
申込書には自宅の固定電話の番号や自分の携帯の電話番号を記入しておきましょう。

 

もし不在などで自分が対応できなくても、担当者が社名を名乗ったり詳しい用件を話すようなことはなく、夫や家族に誤解される心配もありません。
WEB完結サービスを利用すれば、当日中に口座振込を受けられる可能性もあります。