MENU

銀行カードローンの特徴

 

銀行と消費者金融のカードローンサービスにおける決定的な相違点は、貸金業法による営業かそうでないかです。
貸金業法が適用されるのは消費者金融や信販会社といった貸金業者で、これらは総量規制という法律が関係してきます。
これにより借入金の合計金額が年収の1/3までになるよう借り入れ制限が行われます。
このため年収が少ない人は大口融資が受けられなかったり、そもそも無職の人は一切借入れすることができません。
反対に銀行は総量規制対象外なので前述のような規制はありません。
本人に年収の無い専業主婦の人向けのカードローンサービスも行っています。
夫に一定の収入があれば、収入証明書不要で簡単に借入申し込みの手続きができるのでオススメです。
店舗や郵送など色々な申し込み方法がありますが、インターネットや自動契約機を利用すれば審査スピードが速く、最短即日融資に対応できる可能性もあります。

 

銀行は総量規制の対象外で、年収による借入限度額の制限がありません。そのため、収入のある方が高額借入れをしたい場合、
また無職の専業主婦がお金を借りたい場合におすすめです。金利はノンバンクに比べ若干低めに設定されている場合が多く、
特に上限金利の差があるので、少額借入れをする方にはお得感があります。
銀行カードローンは、大手メガバンクから地方銀行、ネット専業銀行まで、さまざまな金融機関で取り扱っています。

消費者金融の特徴

消費者金融は総量規制の対象となり、借入総額が年収の3分の1までと決まっているため、収入がない方は利用できません。申込みからカード発行までの手続きがスムーズなので、
急ぎお金が必要になった時には便利です。またコンビニATMやネットなど多彩な返済方法があるというメリットがあります。
主な消費者金融は、アコム・プロミス・アイフルなどです。三井住友銀行グループのモビットなどは銀行の傘下ですが、消費者金融に属します。

専業主婦がお金を借りたい時は

上で説明したように、消費者金融では総量規制があるため、収入がない方は借入ができません。無職の専業主婦でも配偶者に収入があれば利用できるのが
、銀行カードローンです。専業主婦の場合は金融機関ごとに借入限度額が決められていますが、自身の収入証明や夫の同意も不要ですので安心です。
既に口座を持っていると手続きが簡単になる場合が多いので、まずは取引のある銀行で確認してみるといいでしょう。